01962

【政治・経済】世界中がコロナ対策に莫大な予算を投じ続けている→まったくインフレにならない謎がわかり始める

Category:政治・経済
001615.png



世界中がコロナ対策に莫大な予算を投じ続けている→まったくインフレにならない謎



あまえびの政治・経済解説コーナー、今回はコロナ禍の今、世界中がコロナ対策に
大胆な財政出動、とんでもない巨額がもう1年近く出され続けているのに、どの国も
「まるでインフレにならない」
「税収は減っておりそれ以上に金を出しているのに一向に財政が破綻しない」

よくよく考えれば「あれ?おかしいな?」と気づく、この今まさに
世界で起こっている、この状況について解説します。


これまでの常識として「政府が赤字国債を発行し続ければ、国の財政は破綻する」
こう言い続けられてきました。
その事態を避けるために、消費税が上がることも、ほか税金が上がることも、
給付金がカットされることも「仕方ない」とされてきました。

しかし現実を見ると、世界各国では赤字国債を出しまくり、それも1年以上です。
いつ、破綻するのでしょうか。
いくら出したら破綻するのでしょうか。





破綻しないんです。
あと100兆積んでも、1000兆積んでも、いくら赤字国債出しても
自国通貨建て国債である限り、理論上、政府は無限に貨幣を発行できるからです。

政府は自国通貨発行権を持っています。
自国通貨建て国債は、いわば自分で自分に借金をしているため
誰にも返さなくて良いからです。
日本の国債発行と借りかえや返金プロセスがそうできています。
下図のようにグルグル回るだけです。

000305.png


じゃあ、「政府が赤字国債を発行し続ければ、国の財政は破綻する」
これは嘘だというのか?

→はい、嘘です。
もしくは言ってる本人がプロセスを知らないか、貨幣観が間違っているだけです。



じゃあ、「将来世代に借金を残してはいけない」も嘘?

→はい、嘘です。
故意にそういう言い方をして「子供のために増税は仕方ないな」という、
人の善意につけ込んだ政府の故意の嘘です。
そう言っておかないと国民が増税に賛成せず、批判が起き、支持率が落ちるからです。

01999.png


これは、自分の思い込みで言っているわけではありません。
日本の経済の仕組み、お金の回り方、国債の在り方が、実際にそうできているという
証拠もソースも100でも200でも出せるから、言ってます。

逆にそうできていないという、ソースがあれば示してください。
存在しないか、もしくは嘘か勘違いしている人のソースになるはずです。


「しかし日本がこれ以上、赤字国債を出し政府支出を増やしたら、
市場に金が回りすぎて日本はインフレになる!」こういうことを言う人もいます。

これは正しいです。
市場にお金が出回り過ぎると、物価が上がりインフレ状況に陥ります。
わかりやすく言うと、今1個100円のキャベツが1000円になったりする世の中になる可能性があります。

ただ、いくら政府支出が増えても、我々の感覚としては
例えば10万円の給付貰ったところで、ちょっといいもの食べて買い物したら、
10万なんてあっという間になくなるじゃんってイメージ。
インフレなんてそうそう起きないよって考え方、でもこれは間違いです。

ここは多くの人が勘違いしていることですが、
実はお金は使っても“なくなりません”。
なくなるのは、あくまであなたの財布から10万がなくなっただけの現象です。

その10万円は店のレジに入り、レジに入った10万はその店の店員の給料として分配され、
その店員は貰った給料を持って、また別の店で使って…と、一度発行された貨幣は、
日本の市場の中で、なくならず生き続けるからです。

その市場からお金を計画的に抜くシステムが「税金」。
政府は徴税だけで経済を回しているわけではなく、市場の安定のために税金を徴収しています。


このお金の回り方を理解したうえで、前述のアメリカや中国の大規模な国債発行、
国民への給付を見ると、気づくことがあります。

なぜ、そこまで市場にお金を投じているのに、インフレにならないのか?
コロナ禍の今、どこも大胆な徴税は行っていません。
どころか、免除している税金の方が多いくらいです。
アメリカは、GDPの20%に及ぶ巨額の財政拡大を行ったにも関わらず、
インフレ率ビクともしていません。

しかもアメリカや中国は、金出しすぎて混乱するどころか、
どの国よりも経済回復が早いんですよ。
出しまくってるのにインフレにならず、経済成長しまくっているんです。
まさに今の日本と真逆の状況になっています。
なぜか。

ここで「インフレギャップ」と「デフレギャップ」の相関図を確認してみてください。

001616.png


インフレギャップは好況や景気の過熱を示しており、
物価が上昇する(インフレーション)要因となります。

一方、総需要より総供給が多く需給ギャップがマイナスになっている状態は
「デフレギャップ」。 景気停滞や不況を示しており、
物価が下落する(デフレーション)要因となります。
今の日本はこのデフレ状態です。


アメリカや中国がいくらお金を出しても、インフレにならなかった謎が
この図でわかりました。
コロナによって大きく減った需要を、政府の財政赤字で戻しただけだからです。
この部分の上下です。

03742.png



ところが多くの経済破綻論者は、この図の逆を見てきていました。
「出しすぎるとハイパーインフレになる!」
かつての戦争を例にとってそう言ってきたのですが、
それは単に「総需要(左赤)」が伸びたから、「供給能力(左青)」が
おいていかれた、ただそれだけの話だったのです。

03743.png


単純かつシンプルな経済の流れ、これにいち早く気づいた中国やアメリカが
バンバン赤字国債を発行し、国民に金を持たせて、コロナで大きく下がった
デフレギャップ(右青)を埋めていったので、景気停滞・不況となり物価が下落する
デフレにならなかったのです。

日本政府だけが、気づきませんでした。
求められた2回目の給付も渋って結局出さず、各所倒産相次ぐ中小企業支援金も
出し渋って多くの企業を倒し、事業規模に応じない一律6万のバカ政策で被害を拡大させました。

なぜ気づかなかったのか。

緊縮財政だからです。
まず政策の基本「国民に金をなるべく出すな」、
これがあるから大胆な財政出動ができなかったのです。

一部ニュースでは、「このコロナ禍で、日本は先進国の中でもトップ5に入るほど、
大胆な財政出動を行っている」と報じていますが、事実ではないですからね。
事実ならアメリカや中国と同じ結果になっていなければ、おかしいでしょう。数字の話です。

日本政府が宣言している「我々自民党は国民を救うべく、稀に見る大胆な財政出動を行い」
といって以前に示した数字、あれ、ハリボテのやってるふり、盛っただけ数字ですから。

政府の財政出動でもっとも大事なのは「真水」。
自民党が示したのは「事業規模」の金額です。
ここは以前の記事で詳しく解説しているので、未読の方はぜひ確認してみてください。



000808.png

「事業規模」とは簡単に言うと「出来高制」みたいなものです。
経済対策の事業規模は、地方自治体や民間金融機関、
企業などの負担に「真水」を加えたものを指します。


000811.png


この「真水」が、政府が直接的な支出を行う部分を指します。

言うまでもなく、コロナ対策費は政府が直接出す金が一番重要であり、
これこそが皆さんが聞いて連想する「本当のコロナ対策費」の部分です。

真水を呼び水にして景気のテコ入れ、それが「事業規模」であり、
「事業規模総額108兆円」とは、108兆円出しますよ」という話ではなく、
108兆円くらいの経済効果はあるんじゃないの?」というお話、
ただそれだけのことなんです。

ようは数字と言葉のトリックを使って、国民を騙しただけです。
政府は実はこの時点で、39兆円しか出していません。


ということで、同じスタートで世界中でコロナが蔓延したわけですが、
1年が経過し、いろいろ見えてきた真実。そして他国と開いた差。

もはや誰の目にも明らかですが、今回の日本政府・自民党菅政権によるコロナ対策は、
明らかに政策の失敗を犯しています。

「誰にもわからない」じゃないんです。
いち早くどう動けばもっとも国を弱体化させず効果的かと、
アメリカも中国も気づいてそう動いた結果が上記のように出ています。

日本も緊縮財政なんてやめて、緊急事態宣言出すなら出すで、しっかりと国民全員に給付、
店舗には事業規模に応じた大胆な給付を行い、医療機関にもしっかりと金を出せば良かった、
本当にそれだけで、1年後の今の時点の結果はまったく違うものになっていたといっても
過言ではありません。

日本は自国通貨の発行、自国通貨建て国債発行が可能で、今は国民に出しすぎるほど金を出しても
「デフレギャップを埋めただけで、インフレにもならず、経済もかえって好調で安定する」
という結果だったわけですから。


過ぎたことをくどくど言っても仕方ないのですが、この結果を受けても菅さんは
反省せず、この事実を隠し、政府は精一杯やった、よくやった方だと国会で自画自賛し、
さらにこれから増税を行おうとしています。

菅さんの判断ミスで、今の日本の財政が厳しくなったのですよ。
そのミスの尻拭いを我々国民にこれからさせようとしている、これが事実です。

どうか皆さんはこの事実を共有し、間違いだらけの政府の失策に声をあげ、
正しい政治に導くよう、意見していきましょう。
でないと、我々、このままだと政府に殺されます。

それでは、また!⎛´・ω・`⎞y─┛~~~oΟ◯

posted by あまえび at 22:00Comment(12)政治・経済
このページ読んで

関連する記事

人気記事

    この記事へのコメント

    • (´・ω・`) 名無しのえび速さん 2021年03月31日 22:08

      菅、無能過ぎるだろ
      怒りしかないわ
    • (´・ω・`) 名無しのえび速さん 2021年03月31日 22:18

      知ってた
      菅が無能なのも、自民党がずっと失敗しているけど認めず誤魔化しているだけだと
      うまくいってるなら、日本が今こんな状況になっているはずがない
      アメリカは25万給付2回くらいやって、日本より成長しているんだから、菅が本当に無能すぎるんだよ、早くやめさせろ
    • (´・ω・`) 名無しのえび速さん 2021年03月31日 22:37

      ここにめっちゃ関心した
      実はお金は使っても“なくなりません”。
      なくなるのは、あくまであなたの財布から10万がなくなっただけの現象です。

      その10万円は店のレジに入り、レジに入った10万はその店の店員の給料として分配され、
      その店員は貰った給料を持って、また別の店で使って…と、一度発行された貨幣は、
      日本の市場の中で、なくならず生き続けるからです。

      その市場からお金を計画的に抜くシステムが「税金」。
      政府は徴税だけで経済を回しているわけではなく、市場の安定のために税金を徴収しています。
    • (´・ω・`) 名無しのえび速さん 2021年03月31日 23:35

      早く日本のトップが変わってくれないと、これは洒落にならんな
    • (´・ω・`) 名無しのえび速さん 2021年03月31日 23:57

      今回ちょっと難しくて理解できません。
      デフレギャップとインフレギャップの詳しい解説お願いします
    • (´・ω・`) 名無しのえび速さん 2021年04月01日 00:17

      これはもう.立候補してもらうしかない

      若しくは先頭に立って、もっと大々的に世間に知らしめて欲しいから頑張ってください!!

      何億万人が、わかるようにもっと大きな場でお願いします!!
    • (´・ω・`) 名無しのえび速さん 2021年04月01日 01:09

      レジ袋やスプーンケチるような政府が給付するわけないんだよな
      どうにかならんもんか
    • (´・ω・`) 名無しのえび速さん 2021年04月01日 04:08

      あまえび、マジで詳しいなあ
      感心するわ、素直に凄いよ
      また頼むわ、いろいろ教えてくれ
    • (´・ω・`) 名無しのえび速さん 2021年04月01日 22:47

      「人間いくつになっても勉強」
      理解してはいるつもりでも、実際はそうでもない
      菅総理が無能で国民を貧しくしているのは、今に始まった話じゃない。超緊縮財政&どこぞの経済学者の意見をうのみにして&経済をガタガタに&景気をどん底にしている。自民党も民主党(むろん共産党や公明党も)も政権は任せられない。霞ヶ関官僚のあやつり人形にすぎない政治家ども。今のバカモノ君たちも政治に興味無し&ネットゲームとバーチャルな彼女達に夢中。どうなるんだろうね日本国は?orz
    • (´・ω・`) 名無しのえび速さん 2021年04月03日 13:16

      給付はいまの政権じゃ100パーセント期待出来ない、次の総選挙で菅総理落とす。
      多少はマシな政権になるでしょ?
    • (´・ω・`) 名無しのえび速さん 2021年04月07日 00:12

      菅総理も麻生大臣も「使い物にならない超緊縮財政に呪縛されてる」「2回目の給付をしない」、誰も指摘出来ないのかな?自民ガーの人々。
      アメリカ、イギリスにしても複数の給付&消費税減税で対応している。
      なんでこの国はマトモな政治家が政権与党にいないんだろう?
    • (´・ω・`) 名無しのえび速さん 2021年04月10日 00:10

      自民を次の選挙で落としたいけど、「代わりの政党が無い」
      困ったもんだorz