01962

【政治・経済】自民党・安藤裕議員「国の借金を返すと国民のお金は消える。消費税は生きることに対する課税である。国は給付と減税をすぐやるべき」

Category:政治・経済
001064.png



国の借金を返すと国民のお金は消える。消費税は生きることに対する課税である。国は給付と減税をすぐやるべき



政治・経済コーナーで自民党の政策話題になると、99%悪口になるので
あまえびがアンチ自民党のように思われている方が多いようなのですが、
それは心外です。
政治・経済コーナー開設のお知らせ」で前述している通り、自分は自民党嫌いではなく、
贔屓の政党があるわけでもありません。
ただ事実は事実と書いているだけで、こっちの政党に入れろとは一度も言ったことありませんし、
正しい政治をやってくれるなら、自民党のままで全然構わないと思ってます。

ようは一人でも多くの国民が政治に興味を持ち、ちゃんと正しい政治が行われているか、
我々国民が搾取されたり騙されていないかしっかりと政治を監視をしてもらい、
間違ったことをやっていれば、口を出していくという風潮になっていけば良いという思いで
このコーナーを書いているだけです。日本の主権は我々、国民にあるわけですから。


その顕著な例として、ちゃんと自民党議員の中にも正しい貨幣観を持ち、
間違いを間違いと認識して指摘する議員もいるので、今回はそちらの動画を紹介します。
自民党・安藤裕議員の国会質疑です。
また、その厳しい核心質問に答える菅派自民党議員の、まるでテンプレのような嘘や誤魔化しの答弁、
この答え方もよく使われる手法なので、騙されたりごまかされないよう、ぜひ参考に観ていってください。
長い動画なので、要所要所だけ、カット編集で貼っていきます。


1:00~19:47まで


事実:1
日本の名目GDPはずっと低迷
デフレを脱却しそうだ、アベノミクスで好景気になったは嘘
一部の金持ちの資産が増えただけで、国民には何も還元されていない
03134.png


事実:2
銀行は預貯金者から集めたお金で運営していない。
誰かが預けたお金を誰かに貸し出す、つまり預けられた総額が
1億円なら2億円借りに来た人には貸せない、
なんていう金庫のお金プール論なんてない。

01997.png

銀行の預金は、誰かにお金を発行したその瞬間に発生するもので、
「誰かがお金を借りない限り、銀行預金というものは絶対に生まれない」。
これはこちらの記事でも詳しく解説しています。

安藤裕議員「だから政府にお金がないから国民にお金出せないは嘘だよね」

001065.png


事実:3
「誰かの赤字は誰かの黒字」
「政府の赤字は国民の黒字」
生きているうえで人々が絶対に逃れることのできない貸借関係

001069.png
001066.png
001068.png

なので日本政府はコロナ疲弊している国民を救うべく、
どんどん国民に給付を行い政府の借金を増やすことで、
確実に国民を救うことができる、という当たり前のロジック。


しかし…

03135.png

麻生大臣
「みんな金ないっていうから配った。
当然すぐに貯金が減るのかと思ったらとんでもない、その分だけ貯金が増えました」

これは完全な詭弁です。
麻生さんが示したデータは給付一ヶ月程度後の預貯金データを示したわけですが、
皆さん10万円、5人家族なら50万円、どうやって使ったか思い出してください。

多くの人がとりあえず通帳に置いておいて、必要に応じて少しづつ取り崩して
大事に大事に使ったはずです。それが一番多い実態の使い方でしょう。

その現実を見ないふりして、給付一ヶ月程度後の預貯金データを指して
「貯金が増えるだけで経済回せないから、給付あんま意味ないな。やらんでもいいよな?」
と言うわけです。めちゃくちゃもいいところです。

むしろ今、調査してください。
多くの人の預金通帳から給付金綺麗に消えているはずです。
再給付を求められているので、同じようにすぐ預貯金口座チェックできるはずでしょう。
でもやらないんです、わざと。なくなっているの知っているからです。酷い話です。


事実:4
「消費税は消費にかかる罰金、生きることに対する課税。
期間限定でもいいから、今はゼロにした方がいい」



001070.png
001071.png001072.png


これはまったく正しい意見で、経済の数字やデータでみても
すぐに効果を見込める施策です。
既に多くの経済学者もその事実に太鼓判押しています。

しかし…

西村大臣

001073.png

001074.png
001075.png001076.png


これも完全な詭弁だと気づきましたか。

西村大臣は車や家の購入のような例で話をしているわけですが、コロナの今、
どこの低所得者が家や車買うんですか。
どれだけ低所得であろうと、人は生きている以上、必ずご飯を食べるのです。
トイレに入れば紙を使い、風呂に入れば石鹸も使うんです。
そこに税金をかけているのが消費税です。
低所得者ほど恩恵がでかいのです、消費税減税は。

逆にどれだけ高所得者であろうと、人は1日に10回も20回も食事はできません。
確かに食事内容の程度の差はありますが、金持ちだって3食ステーキ食べません。
ビル・ゲイツやトランプ大統領だって、年間で一番多く食べてる食事はハンバーガーだと有名です。
消費税は高所得者ほど恩恵が小さいのです。真逆の現実をもっともらしく言っているのです。
騙されちゃダメですよ。

さらに

001077.png
001078.png
001079.png001080.png


ここで思い出してください、同じ給付に関する麻生大臣の答弁。

03135.png

「だから給付いらんよね」って、どういうことですか。
同じ党の大臣が「給付はやがては消費に回る」って認めちゃっているじゃないですか。


この通り、菅政権の大臣たちはその場、その場の都合の良い解釈答弁で国民に嘘をつくんです。
どんなにもっともらしいことを言っていても、騙されちゃダメですよ。
真実は1つです。

それではまた! ⎛´・ω・`⎞y─┛~~~oΟ◯