01962

【政治・経済】政府の赤字は国民の黒字 増税による政府赤字の解消は完全に間違った政策という証明

Category:政治・経済
000940.png


政府の赤字は国民の黒字 増税による政府赤字の解消は完全に間違った政策という証明



今回は経済の話です。

誰かの赤字は誰かの黒字
誰かの負債は誰かの資産

世界中の経済はこの貸借関係で動いており、我々がこの地球上で貨幣のやり取りを行って
生活を営む以上、絶対に逃れることのできない関係となっています。

あなたがA店で1000円の買い物をすれば、あなたは1000円の赤字であり負債を抱えましたが、
A店の店長さんは1000円の黒字であり資産が増えたという理屈です。

上記の貸借関係は、国家単位でも通じます。

誰かの赤字は誰かの黒字
誰かの負債は誰かの資産

つまり

政府の赤字は国民の黒字
政府の負債は国民の資産

そういう構造になっており、昨年の国民一律10万円給付でそれは純然たる事実と証明されました。
国は12兆円の赤字を出し負債を抱えましたが、我々国民は12兆円の黒字で資産が増えました。


19日の衆院審議で自民党国会議員が国債発行を取り上げ、新型コロナウイルスが収束するまでは
増発分を経済対策の財源に充てるよう訴えました。
積極財政出動を政府に提案してきた安藤裕衆議院議員は内閣委員会で、国民1人当たり10万円を配った
特別定額給付金も全額を国債で賄ったとし、
「国債を発行すると新しいお金が誕生し国民を豊かにできる。政府の財政赤字は国民の黒字だ」と説明。
コロナ禍で多くの企業や雇用が失われる経済崩壊を防ぐには「大胆な対策を打つ必要がある」と
消費税減税の検討も含め、繰り返し強調しました。
02927.png

ちゃんと自民党内にも、今の菅政権が行っている財政、お金の出し方は
間違っていると指摘する人が出てきています。

さらにこの人まで指摘を始めました。

FRBのパウエル議長。
日本で言うところの財務省トップ、世界経済のことを熟知している
経済界のトップにいる人の現在の見解です。

「時代遅れとなった経済学の定説を捨てましょう」

000939.png

時代遅れの経済学の定説とは、貨幣のプール論、
「国は国民から集めた税金のみで回っている」
「国の借金を膨らますと財政破綻する」
こういった、自分の家の家計簿と国の財政をごっちゃに考えている昔ながらの経済の考え方。

「お金は使うとなくなっちゃうんだから、大事に使うんだよ」
「借金を返さないような、だらしない人間になっちゃダメだよ」

こういった考え方のことを指します。
これが間違っているわけではなく、家の家計簿、個人の問題として言うなら
これは正しいです。その通りです。

ただし国は全然違うんです。
なくなったら、いくらでも自分でお金を発行できるからです。

コツコツ貯めた貯金通帳にある500万円がなくなっちゃいましたとなれば、
我々はまた基本的には1から働いて貯めるしか方法がないわけですが、
国は「500万?ほい」と、キーボードに500万の数字を打ち込むだけ、
たった1秒で全問題が解決できるのです。
しかもこれは逮捕もされない、誰にも咎められない完全合法の作業なんです。
この事実1つとっても全然違うことがわかるでしょう。


FRBパウエル議長は、こうも言ってます。

「大昔の我々が経済学を勉強したころはM2と通貨供給量(マネーストック)が
経済成長に関係するとみられていた。
現在ではM2に重要な意味合いはない。この知識は忘れる必要がある」


通貨供給量(マネーストック)、貨幣のプール論ですね。
そんなもの実はなかったんだよ、と説明しています。
政府は、インフレにならない経済状況が良好である範囲内であれば、
いくらでも国民に金を供給して、税金も大幅に免除してもまったく問題ない、
なぜなら政府は集めた税金で回ってないし、理論上無限に貨幣を発行できるのだから。

これは10年前からMMT現代貨幣理論で何度も説明されてきたことです。
それを世界のトップ議長が認めてくれたことは非常に大きい。これは喜ぶべきことでしょう。


「大昔我々が勉強してきた経済学」

この間違った経済学で、今の日本は回っています。
菅総理はこの間違った大昔の経済学に基づいた方針、緊縮財政、政府支出をなるべき減らして、
少しでも多く国民から税金を取っていくというやり方を取っています。

これは財務省が掲げる「財政規律」指示を全面的に聞く政策でもあります。
財政規律をわかりやすく言うと、
「ウチらが仕切ってやらんと、国民はすぐ自堕落になり働かなくなる。
税金を納めさせ常に緊張感を持たせ、限りある国の財政を
しっかり切り詰めていくことが日本国家のためなのである。
でないと財政破綻する(限りあると財政破綻は間違った理解)」

この信念に基づき日々活動しています。
そしてこの財務省の権力は、計り知れないほど強く、菅総理も逆らえません。

余談ですが、財務省が政治家にとってどれほど恐ろしいかの一例があります。
安倍元首相の「桜を見る会」問題。
あれ、なんでバレたか知ってますか。

財務省のリークなんです。
今は既に証拠も証言も出ているのでわかったことなんですが、
安倍元首相が「さっさと消費税増税しろ」という財務省の指示に逆らって、2回延期したじゃないですか。
あれで財務省を怒らせたため、リークされたらしいです。

また、今回のニュースソースのように「政府の赤字は国民の黒字」
「増税による政府赤字の解消は完全に間違った政策」なんて本当のことを書いてしまった
新聞社には、その日のうちに財務省から電話が入ります。
「あの記事書いたのは誰ですか?」と。
地方紙やここのような個人ブログなら問題ないですが、この記事のまんまを
大手の読売や朝日が載せたらエライことになります。
合法的に潰されることになるでしょう。財務省は20年以上前からそういう存在です。


なので彼らがMMTを理解し受け容れない限り、日本の経済状況の好転は難しい状況です。

もっと言うと実はとっくに理解している可能性の方が高いです。
ですが、その事実を認めてしまうと、自分たちの言ってきたこと、やってきたことが
すべて大間違いだったことを認めることになります。
今さら言えません。プライドにもキャリアにも関わります。


上記を踏まえると記事タイトル
「増税による政府赤字の解消は完全に間違っている」が理解できるかと思います。

政府の赤字は国民の黒字
政府の負債は国民の資産

政府が赤字を解消すると、我々が今より貧乏になり、さらに貧困化するのです。
絶対に逃れられない経済の貸借関係上、それはもう疑う余地はありません。

例えば日本政府の借金1000兆円、これを返すんだーってやってますが、
じゃあ実際に全部返済したとします。
実は今、日本中に出回っている国民のお金を全部回収しても1000兆円に追いつかないんですよ。

全国民の預貯金が0円になったとき、誰がモノやサービスを買うというのでしょうか。
買わないどころか、買えない状況になるという話なんです。
なので日本の経済活動も当然止まります。GDP1ミリも伸びなくなります。

こういうめちゃくちゃな話を、わかっているのかわかってないのか
いま菅政権は財務省の指示通り政府目標にして、コロナ後は増税だ、プライマリーバランスの
黒字化達成のため金出すな、国民給付はやる必要ないんだって政治を進めています。

まぁ0円は極論ですが、ようはそれが3割減でも4割減でも、国民の所得が落ちるほど
モノやサービスが利用されづらくなるという流れは同じです。

菅政権の構造改革の根っこは緊縮財政なので、中小を潰す=結果今既に強い友達大手だけが生き残り
市場を独占する=中小に勤めている皆さんの雇用が失われ、失業・転職、今から数年後に
一般庶民の年収が激減する未来作りを、今の自民党はやっています。
そこにさらに消費税増税、コロナで配った分の回収をやろうとしてます。
回収の必要は実ははじめからないことを理解したうえで、自分たちの理念のためだけにです。
そのために何人死のうが苦しもうが、それは仕方ないんだって勝手に納得しているだけです。

本当にわかってない、昔ながらの経済観念でやろうとしているのなら、
菅さんは国民のお金を管理する資格ないですよ。
そうなら少なくとも、今この記事読んでいる皆さんの方がずっと経済わかってます。
皆さんが首相になって積極財政やった方が、本当に日本は救われるかも知れません。

これは多くの国民が勘違いしているところですが、
政治家は経済の何でも知ってる人ではないですよ。
政治にはもちろん詳しいのでしょうが、経済の知識に関しては、
経済勉強している一般人の方がよく知ってるレベルです。

この話は元国会議員だったという大半の人が認めて証言しており、経済破綻論も何十年も言われたまま
信じてきたそうです。よく知ろうとしなかった、興味あるのは出世の話で経済はちんぷんかんぷん、
そういった議員の方が多いのが実情です。
ただ地頭は良いので、MMTを理解できないのではなく、これまでの間違いを認められるか
単純にマインドチェンジできるかだけの問題ですが。


救いがあるとすれば、幸いなことに日本は国民主権国家です。
皆さんがこの国の主人であり、皆さんの意見で政治は動かせます。

もちろんちょっとやそっとじゃ動きません。
野党がどんな正論を叫んでも、今は適当な言い訳つけて聞き流すだけです。

ですが国民一丸となって、おかしい、緊縮やめろ、金出せ、お前らはもう政治の世界から消えろって
口を揃えて言い出したら、これはもういつものように握りつぶすことも無視もできなくなるんです。

みんなで経済の正しい知識を共有して、どんどん政治に口を出す、選挙では正しい政策をやってくれる
政党を選ぶなど、やれることはあるので、どんどん皆で動いていきましょう ( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯