01962

【政治・経済】自民党ブレーンが嘘をついてまでも国民に間違った刷り込みをして日本のデフレをやめさせたくない理由

デフレスパイラル.jpg



自民党ブレーンが嘘をついてまでも国民に間違った刷り込みをして日本のデフレをやめさせたくない理由



日本に実質的な借金はない。
政府は定めた健全なインフレ率の範囲内であれば、いくらでも国民に金を出せる。
こういった今、経済界の常識を変えつつあるMMT(現代貨幣理論)。

日本政府による大胆な財政出動、積極財政を行わない限り、日本はいつまでもデフレから脱却しない、
バブル期のような、国民の所得が上がり豊かな生活に転じることはできない、とMMT論者は常に唱えています。


デフレスパイラル.jpg

ただしこのMMT、これまでの経済に対する考え方を、ある意味根底から覆すもので、
いくら数字やデータで示しても、頑なに信じない人がまだまだ多い現状。
この信じない人の多くは、MMT反対論者、財政破綻論者の意見を盾にする傾向があります。

「MMTの理屈はまぁわかった。ただこっちのデータも見て欲しい。
ほら、この○○大学出の超頭の良い経済学者だって、財政は破綻するし、MMTは危ういと言ってる」

両方の意見を平等に聞く。
まずこれが一番大事なので、こう言ってくれる人の方が実はMMT論者側はむしろありがたいのです。
もちろん自分も財政破綻のレトリックの本も何冊も読みましたし、そうはならないという
反対意見の本も何冊も読みました。結果的に「しない」が正しいと、自己判定したわけですが。


先日、この日本でおそらく最もMMT理論に詳しい人、少なくともMMTのわかりやすい解説をやらせたら
日本一うまい経済評論家の三橋貴明さんが、面白い動画をあげていました。

02839.png

三橋さんの言うMMT理論は正しい、積極財政は正しいという意見に
遠回しに「そんなことない」と、デービッド・アトキンソンさんという有名な
元金融アナリストが批判してきたんです。
自分が見つけたのは、このアトキンソンさんの数字とデータを用いた綿密な反対意見に、
なんと正面から数字とデータを使って、完全に論破し返している動画です。

ちなみにアトキンソンさんも只者ではありません。
世界経済界でその名を知らぬほどの有名人で、日本語もペラペラ、
日本の観光・文化財活用・経済政策の専門家もやっている英国出身の超大物です。

000892.png

こんな人が、数字とデータを用いて“「デフレだから生産性向上は無理」という勘違い
なんてトピック出したら、100人いて90人は信じるでしょう。


02840.png


動画を見てもらうのが一番手っ取り早いので貼っておきますが、
ちょっと長いので概要をざっくり書いておきます。
動画は記事の説明読んでから見た方が、よりわかりやすくなると思います。




アトキンソンさんが言うのは「インフレになると生産性の伸びは下がる」という、
言うなればMMT論者三橋さんが主張する、「インフレになるほど生産性は上がる」
「今はデフレだから生産性の向上は無理」の真逆の論説です。

アトキンソン:
「結論から言いましょう。実は歴史を紐解くと、インフレ率と生産性の向上率は
負の相関関係にあります。インフレ率が高くなればなるほど、生産性の向上率は下がるのです。
この相関関係は全世界で確認されています。また、この傾向は現代だけで観察されるものではなく、
約130年間のデータを見ても同様の傾向が確認できます」

ここまで断言したうえで、データも貼ってます。下記です。

000894.png

縦軸が生産性、横軸がインフレ率。
間違いなく下がっています。
ここまで来たら、100人が100人信じますね。


ですが、三橋さんは信じませんでした。
示されたデータは、デタラメの数字ではなく実際の数字を用いたデータであり、
明らかにインフレ率が上がるほどに、生産性が下がっていることが示されているにも関わらずです。
「MMT理論と違う、経済の仕組みの常識に合わない」この信念があるから気がついたのでしょう。

実は、今このブログを見ている皆さんも、ある一点に気がつけば
これが嘘だとわかります。非常に盲点です。まず騙されます。
自分もまったく気がつきませんでした。

答えを言ってしまうと、このグラフの嘘は数字でも、線でもありません。
(1991年~)ここです。

アトキンソンさんは「インフレになると生産性の伸びは下がる」と言いました。
ですが1991年、日本は既にデフレなんです。
つまり、数字も傾きも嘘でない、単純にデフレのときに生産性が下がっているデータを
グラフで示した、ただそれだけだったんです。

そこでアトキンソンさんの言う、「インフレ時」1991年以前の日本のデータを当ててみます。
すると不思議なことに、下記のように真逆の図、つまり
「インフレになるほど生産性は上がる」「今はデフレだから生産性の向上は無理」
その証明のグラフが出来上がってしまいました。
これはもう、三橋先生の完全な論破です。

02841.png


今回の話で何が言いたいかと言うと、「そこまでする」ってことなんです。

どうしても日本政府が国民に給付したくない、消費税減らしたくない=一部の金持ちだけを得させたい、
その理由作りのためなら、どんなインチキもデタラメも平気でやるってことなんです。

なんといっても、このアトキンソンさんは自民党・菅さんのお友達であり、
今まさに日本の政治を動かす自民党の最重要ブレーンとして役員に入っているからです。

02842.png

政府関係者は口を揃えて言います。
「菅さんはアトキンソンさんの言いなり」「なんでも言うことを聞いている」と。

こんな嘘をついてまで、日本はデフレでいいんだよと言い張る人がですよ。
この人に我々の財布を握られていると言っても過言ではありません。
恐ろしい話だと思いませんか。


緩やかなインフレ率2%前後の国ほど経済成長が進んでいる、デフレに国は経済成長せず
国民の所得が下がり疲弊している、これは世界中のどの国を見ても明らか。

ならば今、強烈なデフレ状態の日本では、政府がどんどん国民にお金を出しつつ減税していくことが
極めて当たり前の政策、そうすべきと野党も経済学者も声を揃えて言います。

だがその当たり前をやられては困る、だから小難しい話と肩書きのブランドで
経済をよくわからない我々一般国民を欺き、「政府は金を出さなくていい」「中小は潰した方がいい」
という論を強引に通そうとしているんです。

アトキンソンさんが、こんなトピックを書いた真意はいくつかあります。
1つは上記通りの国民への間違った刷り込み、1つはどうせこういう嘘を書いてもお前ら日本人はバカだから
わからないだろうという明らかな奢り、1つは今後菅さんに入れ知恵してコロナで疲弊した中小企業を
二束三文で買い叩く自分の本業「ハゲタカビジネス」、M&Aを具現化するためです。

既にアトキンソンさんはこう発言しています。

これから日本の中小を狙い打ちして潰していくための布石です。
わかる人にはわかりますが、これ嘘ですからね。

日本の中小企業の生産性が低いのは上記で証明された通り、今日本が強烈なデフレだからです。
日本人の多くが所得が下がり貧乏だからお金を使わない、だから『消費が縮小』し
『モノやサービスが売れない』のです。
皆が買いに来なければ、そこがラスベガスだろうが、モナコだろうが生産性落ちますよ。



デフレスパイラル.jpg

それをあたかも、日本の中小企業がサボっているみたいな言い方をして
これから中小が潰され悲鳴が出たとき、日本の国民に同情させないために、
布石を打ってるだけなんです。
その本質は自分が中小売り飛ばして儲けたいから、ただそれだけの話なんです。

アトキンソンさんは、日本人の心を操るのにも長けています。
本業はハゲタカビジネスですが、表の顔は「日本大好き」の親日家を気取っています。
そうすれば、日本人から見て良い人そうに、悪いことしなそうな人に見えるからです。
ビジネスの一環として親日家をやっていることは、明白です。


政府が金を出さない理由作りや印象操作は、他にも日常的にさまざま行われています。
出さないためには平気で嘘をつくことも、実は日本の財務大臣・麻生さんもやっています。

01999.png

10万円再給付しないのか?の質問に対する答えです。
暗にこれ以上、日本の借金を増やせば、お前らの子供たちが大人になったとき
借金返済で苦労するんだぞと、人の優しさにつけ込んだ卑劣な嘘です。

麻生さん自身が言ったのです。
「国債はそもそも借金ではない」と。

2012年の麻生さん
000316.png

「国の借金?うんなもん刷って返せば良いだろ」
「国が財政健全化なんてやって財政出動しないから若者が苦しむんだ」
「自国通貨の国債はそもそも借金ではない」


政権取る前はバリバリ積極財政派で、ごく当たり前のことを言ってたのです。
それで人気を得て、票を取ったのです。
それが今じゃ真逆のことをしゃあしゃあと言っているのです。

似ていると思いませんか、アトキンソンさんのやり方と。

「どうせこういう嘘をついてもお前らバカだからわからないだろう」という明らかな奢り。

彼らは今、国が財政出動して国民にお金を出していかないと日本がさらに衰退すると
MMTの正しさを全部理解したうえで、自分の事情だけで嘘をついているんです。
これは看過できません。


とにかく今の自民党は財務省の言いなりであり、緊縮財政、このままデフレでいけという指示を聞いて
動いている状態なので、日本が緊縮財政のままここから景気が上向く可能性は100%ありません。

積極財政に切り替え、インフレ率2%の日本にもっていくには、菅さんにマインドチェンジしてもらって
もうアトキンソンさんの言うことも、財務省の言うことも聞かないことにするか、
政権交代しか道がないでしょう。 ( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


posted by あまえび at 21:00Comment(9)政治・経済
このページ読んで

関連する記事

人気記事

    この記事へのコメント

    • (´・ω・`) 名無しのえび速さん 2021年03月04日 21:35

      毎度、為になるわ政治経済コーナー
      三橋さんて知らなかったけど、論破しちゃうのカッコいいなw
    • (´・ω・`) 名無しのえび速さん 2021年03月04日 21:43

      このレベルの嘘つかれたら、常人には見破ること不可能やんと思ったけど、
      デフレ次期かインフレ次期かの年代に気づけばいいとか盲点すぎて笑う
    • (´・ω・`) 名無しのえび速さん 2021年03月04日 21:52

      これ凄く大事な話だと思うけど、自民党支持者ってこの現実知ってるのか?
      知ってて応援してるならバカだし、知らないで応援してるならもっとバカってことだけど
    • (´・ω・`) 名無しのえび速さん 2021年03月04日 22:17

      ずっと読んでる者です。今回のが一番おもしろかったです。
      やっぱりMMT理論は正しいんですね、自信出ました。
      またよろしくお願いします。
    • (´・ω・`) 名無しのえび速さん 2021年03月04日 22:42

      ふーん、アトキンソンが菅のブレーンて知ってる一般人、何人くらいいるんだろうな
      やめてもらわない限り、日本に未来はないって話だよなー
    • (´・ω・`) 名無しのえび速さん 2021年03月04日 23:47

      こういう話をもっと国民は知るべき
      三橋はすごいな
    • (´・ω・`) 名無しのえび速さん 2021年03月05日 12:06

      昭和30年頃からオリンピック成功させるべく新幹線や高速道路等を整備してそれに伴う雇用も生まれてその周りの産業も発展してきた。その頃に比べてこれから開催されるオリンピックは施設等を建設するのに莫大な費用を投資したが、建設に関わる下請け会社はかなり中抜けされて予算ギリギリで工事を請け負う状態にある。
      もし中抜けされず下請けの中小建設会社に満額予算が入ればその付属する職人や材料屋も潤いそれに伴う産業も発展するはずである。
      普通なら建設業の経験のある人材が不足してるのなら人件費が上がるのだが、監督ですら最近派遣された未熟な人ばかりで労災事故が起きても隠ぺいされる始末。
      このグラフも意図してこうなんですよと騙す気満々で団塊世代の人が見たらおかしいと思うはずだが、今までそれに乗じて財を成してきて今の資産を目減りさせないようにするための方便でしかない。
      今の国会議員の年齢が高い奴程、そういった事を経験してきた奴だから騙して今の資産を保守するために政治を動かしてるに過ぎない。
    • (´・ω・`) 名無しのえび速さん 2021年03月06日 00:40

      理解し共感したなら、それを実現する為に行動してくれればいいなぁ。
      自分は、最低限選挙で応援するよ。
    • (´・ω・`) 名無しのえび速さん 2021年03月31日 04:47

      ワイドショーや、某解説者の番組じゃやらないネタですね。欲を言えば「誰がどれだけ得をするのか?」が具体的に記載されてればよかった。現状維持が得意な菅政権が何もしないのはいつもの事ですが、景気対策・・何もしてませんね。