01962

【政治・経済】MMT理論で政府は金出せるのはわかった。じゃあ、なんでやらないんだ?

Category:政治・経済
000541.png


MMT理論で政府は金出せるのはわかった。じゃあ、なんでやらないんだ?



こんなコメントがありました。


12:(´・ω・`) 名無しのえび速さん 2021年02月16日 00:07
ふむ・・・
なら、自民はなぜこれを実施しないんだろう。



3:(´・ω・`) 名無しのえび速さん 2021年02月14日 20:49
素朴な疑問なんだけど、これだけ明らかに経済成長失敗してて、
しかもそれが何年にもわたって失敗してるのになんでみんな自民党に票入れるんだ?
自民党は失敗してるのわかってるなら、なんで良い方にシフトして
日本成長させて税収あげてもっと良くしようとしないんだ??
バブルのときみたく日本全体が好景気になった方が自民党自身も
今より儲かるなら当然そうするんじゃないの?????



当然の疑問です。
自分も説明したからには、これに答えなければダメでしょう。
ただ、これが一番困る質問とも言えます。

理由は色々あるんです。それは知ってます。
でも確実にこれだって答えは、どれだけ経済の本ひっくり返しても載ってないんですよね。

なのでここは、京都大学工学研究科大学院准教授、
元経済産業省の中野剛志氏の見解、そちらを参考にしてください。

02297.png

なぜ、景気後退にもかかわらず、消費増税は断行され、財政健全化路線が続くのか。
おそらく、2012年の消費税増税法案の成立を推進・支持したエリートたちは、
「先人が成し得なかった悲願の消費増税を自らの手で実現する」という政治的野心に駆り立てられたに違いない。
それなのに、今さら景気後退を理由に、消費増税の凍結や積極財政に転じるなどということは、あり得ない。
それは、彼らの政治的な敗北を意味する。その結果、国民がどうなろうと知ったことではない。
不況の理由など、他に探せばいくらでも見つかる。
こんな調子で、内外の景気後退期に消費増税を行うという愚行が粛々と行われたということではないか。

さらに残念なことに、経団連や経済同友会は、さらなる消費増税を求めている始末である。
松下(パナソニック初代社長)が言った通り
「政府は自分で自分の首をしめるがごとくことさらに不景気を造っている」のだ。



元・経済産業省の大臣も、パナソニックを一代で築き上げた経営者も知っていたんですね。
政府が今行っている緊縮財政は丸ごと間違いで、どんどん日本を衰退させていってると。

事実、かつて緊縮財政前は世界のトップ企業50内の殆どが日本企業だったのに対し、
現在、日本はたったの1社しか入ってません。
これが政治・政策の失敗と言わずして、なんと言えば良いのでしょうか。

image1-min(1).png

中野氏の見解、松下氏の見解、最終的に嘆きつつ出した答え、
「政府は緊縮財政やめて国民にちゃんと金を出して国を成長させる政治をなぜやらないのか?」
この答えは「今さら言えない」でした。

今まで丸ごと間違ってました。
何十年も間違った貨幣観にとらわれ、節約倹約こそ美徳、借金は返して当然という常識に捉えられ
政府は金を刷れる、自国の国債は返さなくても問題なかった、最初から国民の税負担を減らし
消費税もやらなければ、日本のGDPは確実にプラス、経済大国1位でいられた可能性が極めて高い。

そんな事実を認めてしまったら、自分(緊縮財政をすすめた自民党議員たち)はどうなるのか。
国民から猛バッシング?それは当然だろう。
それより貧困で死んでいった自殺者たちの遺族は何というか。
コロナ不況で、泣く泣く店を潰した人たちは。
「日本は財政破綻する!」と書いて売ってきた著書も、全部間違いでしたと回収すべきか。
いや、自分はいい、だが家族は。
家族も世間に叩かれ、将来の道まで塞がれるかも知れない。あいつの息子だ娘だと。
そんなこと、あってはならない。
残った答えが、もはや認めるわけにはいかないしかないんです。

これはあまりの単純さに肩から力が抜けるような答えですが、
なにせ実際に中にいた人や政界の裏まで知った経営者が出した答えですからね。
当たっているのではないかと思います。
恐ろしいのは、そういう立場の人たちが今、政治を動かしているということです。

日本の緊縮財政を止める方法、それはもう世代交代を待つか、
新しい経済観念を持ちそれを実行できる若い力、もうそれしかないのかも知れません
( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯