01962

【政治・経済】「コロナで高齢者が減った方が我々の年金負担が減る」という勘違い

Category:政治・経済
as.png



【政治・経済】「コロナで高齢者が減った方が我々の負担が減る」という大間違い理論





* 【大間違い理論】ひろゆき「コロナウイルスは2〜3年ほっとくと
年金問題を解決してくれるいいウイルス」より 再掲 加筆修正


政治発言スレが立ったので、最近お馴染みのあまえび政治経済解説です。⎛´・ω・`⎞y─┛~~~oΟ◯


ひろゆきさんの発言は、多くの国民が思い込んでいる「年金は若者世代の税金で支えられている」
の基本理念に基づいての発言となっていますが、これ実は根本がちょっとだけ違います。
「年金は若者世代の税金と国費によって支えられている」、こっちが正解です。
なんだ、あんまり変わらないじゃないかと思うでしょうが、これ全然変わります。

もし年金の財源が若者から取る税金のみで支えられていれば、そりゃひろゆきさん発言通り、
支えなくちゃいけない高齢者は減った方が負担が減る理屈になるでしょう。

例えば高齢者の年金に1年間5兆円必要ですよとなったら、若い世代が5兆円納めてくれないと
受給者に支払いできないという状況になります。
支払えない状況になれば、一人当たりが受け取れる額を減らして…と
やっていくんだろうって想像しがちですが、
今のペースで少子高齢化が進むと、いい加減若者も気づくんですね。
じゃあ今いくら納めても、ウチら年取ったとき損じゃないかと。
となると年金を払わない人が出てきたり、政府に制度不満をぶつける人も当然出てくるので
国はこう説明してます。「そうなったときはちゃんと国で保証しますから」

よく考えてください、おかしいでしょ。
さんざん「若者が納めないと国は破綻する」って煽ったじゃないですか。
もうどこにも財源ないほど厳しいカツカツだって言ったのに、どうして保証できるんですか。
どこかの財源つけかえて1~2年は凌げても、その後さらに若者減って高齢者増えたら
つけかえ程度じゃとても間に合わないほど、巨額の税収減、年金支出の
未来になることはわかってます。理屈上はできっこないです。

でも、できるんです。
政府は金を刷れるから

日本は自国通貨建て国債発行ができるので、税収がなくなれば金を刷って発行するだけで
ちゃんと約束通り、保証したぶんの給付が受け取れる制度になっています。
国債発行はいわば「政府の借金」という形になっていますが、この借金は返す必要のない借金です。
自分で刷って、自分に借金しているわけですから。
政府は国の借金が大変で財政ガーとか、仕組みをよくわかってない国民にいい加減なこと言って煽りますが。

ここまでの話しが全部理解できたところで、ひろゆきさんの発言見てください。

「高齢者が減れば年金問題が解決する」

何を言ってるんだって話です。
関係ないんです、高齢者が何人いようがいまいが。
足りなくなったら刷って解決、話し終わりなんです。

ただこの当たり前を今のように政府が説明してしまうと、都合悪いでしょ。
じゃあ税金自体取るなよって、みんな言い出すでしょ。
だから「年金は若者世代の税金で支えられている」と、
あくまで「若者のみ」の印象付けをしているだけです。


究極のところ、税金なくても日本の経済はまわります。
ただそう言うと「税収関係なくいくらでも金刷れるなら税金そのものが要らないじゃないか」
と言い出す人がいます。
理論上は政府は無限に貨幣を発行できますが、無制限ではありません。
ちゃんと制限はあります。制限をしない限り、市場に金が溢れ
インフレ(物価・金利の極端な上昇)を引き起こすからです。
政府が定めている目標値はインフレ率2%、そこを超えない限りは貨幣発行に制限はありません。

「国民全員が金を持てば皆がお金を使い、グルグル回るから
市場にお金は溢れないんじゃない?」と疑問を持つ人がいます。
常にお金が動的に動くイメージですね。ですが、これも違います。溢れます。

例えばAさんの財布に1万円入っていたとして、そこから1つ1万円の商品を
Bさんの店から買ったとします。
財布は空になり、当然お金は消えます。
これが溢れない派の人のイメージです。

02010.png

ですが、国家単位で見たときには、AさんからBさんの店のレジに一万円が渡っただけの話で、
日本の市場そのものからは、その1万円は消えずに変わらず存在しつづけているのです。

000320.png

こんな当たり前のことも、普段我々は意識しません。

政府が一度発行した貨幣は、誰が買い物をしようと誰が持つことになろうと決して消えることはありません。
そこでそれを抑制するために、市場から金を回収するために税金があるのです。
そのために税金は必要不可欠な存在だということです。


「コロナで高齢者が減った方が我々の年金負担が減る」はただのイメージです。
政府は若者からの税収だけで、年金支給を行っていません。
ただそうイメージしてくれるような説明や印象づけをテレビや新聞メディアを使って
粛々と行ってきたという事実があります。
ひろゆきさんと同じ考え方をしていた人は決して悪いわけではなく
真に悪いのは、意識誘導や嘘をつく政府やマスコミです。


まぁ構造上、インフレ率2%までいくらでも出せるという理屈が通るにしろ
正直自分もそこまで目一杯出せとは思ってません。
それでもコロナ禍の今、政府はこの構造をうまく活かして、潰れてゆく店、
貧困で自殺してしまう世帯を中心に、せめて今だけはお金を出すべきだと思います。

少なくとも財布握っている麻生さんは、この事実を知っているわけですから、
立場上とぼけるしかない事情があるとしても、それは完全に私事の話で
政治に持ち込んで良い事情ではありません。
もう嘘はやめて、せめて今だけでも英断を。 ( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

日本人は永久に金出せ楽させろなんて言い続ける民度じゃないですよ
それくらいは国民を信用して欲しい


* 自分の説明している「高齢者が何人いようが関係ない。
そんなこと気にせず国は今すぐにでも国民全員に金出せる。出しても100%財政破綻しない」

あまえびが信用できなくても、頭の良い国会議員さんや、
日銀さんが言うなら信用できるでしょう。貼っておきます
信じられない人はぜひ一度ご視聴を。