01962

【政治経済】「労働者の平均賃金をもっと上げていこう!」という甘い罠

Category:政治・経済
01760.png


「労働者の平均賃金をもっと上げていこう!」という甘い罠


02025.png

経団連の中西宏明会長は27日、連合の神津里季生会長とオンラインで会談し
「日本の賃金水準がいつの間にか経済協力開発機構(OECD)の中で相当下位になっている」と語った。
26日に開いた労使フォーラムによって2021年の春季労使交渉が始まり、
連日で労使トップが意見を表明した。経団連は新型コロナウイルスの影響で
一律の賃上げ方針は見送ったが、業績の堅調な企業には積極的な対応を求める。

中西氏は賃上げについて「首相から賃上げのモメンタム(勢い)を維持してほしいと
言われる前から、危機感を持っている」と強調した。
菅義偉首相は20年12月の経済財政諮問会議で賃上げの継続を経済界に求めていた。
古賀信行審議員会議長(野村ホールディングス特別顧問)は記者団に
「従業員になるべく報いていく。こんなときこそ(賃金を)上げられるところは上げよう」と語った。

連合の神津会長は「平均賃金は先進諸国と1.5倍前後の開きがあり、国内総生産(GDP)でも
かつて15%程度だった日本の比率は6%程度に下がった」と主張。
デフレ脱却に向けても「14年からの政労使での賃上げの流れ」を継続するよう求めた。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQODF276MJ0X20C21A1000000

スレ:経団連会長「なんか日本の賃金水準がいつの間にかめっちゃ下がってるゾ?」より加筆修正


というわけで最近おなじみのあまえび経済解説(専門書や経済学者の動画や著書から引用)ですが
「日本の賃金水準が下がってる!」、こりゃもう言われなくて大体みんな肌で感じてる話。みんな金ないです。

ただこの話のポイントは実はそこではなく
「一律の賃上げ方針は見送ったが、業績の堅調な企業には積極的な対応を求める」実はこっちです。

今、菅政権が進めている経済対策は、コロナで体力をなくした日本の中小企業をできるだけ潰し、
現在の3分の2程度にしていく政策が進んでいます。
自民党の馴染みのブレーン、アトキンソンさんからの提言に従う形です。
ちなみにアトキンソンさんは経済至上主義で、貧乏
弱者が嫌い、金持ち強い人の味方という人格で有名な方。



View post on imgur.com



なのでこんな話題を出して、「さあこれから経済改革して日本人の実質賃金上げてかなきゃダメだね!」
という空気作りを始めています。

賃金が上がるのは誰でも大歓迎ですが、それってつまり皆さんを雇う中小企業の経営者に
もっと従業員に金配れと、さらなる負担を強いるということ。

収益が上がっていない状態で、月給15万でお願いしてた社員に次から20万にしろって、
そりゃ経営者払えませんよ。なので倒産するしかなくなります。

そこで倒産しそうになった企業に買収の話を持ちかけ、最安値で会社ごと買い上げる、
これがアトキンソンさんのやり方です。
でも内情を知らない国民の多くは「そうだそうだ、もっと給料上げろ!」と後押ししちゃうでしょ。
それが思うツボなんです。

国民の賃金上げるのは大歓迎、中小社長だって本音はかわいい社員の給料上げたい、
ただ上げるからには政府はしっかり補償しなければ成り立つ話ではありません。
賃上げと国のサポートがセットは、どこの国でやるにも当然の政策なんです。
でも菅さんはサポートはやろうとしません。
ただ「上げろ」「改革だ」と言って、あとは自助でどうにかしろ、
潰れるなら買ってやるからというスタイルです。ひどい話でしょう。


そもそも、実質賃金とはなんたるか。

実質賃金=名目賃金÷物価指数

政府は毎度これで算出しているわけですが、実はこんな小難しい式を使わずとも、結局
実質賃金は、「企業の生産性」と「労働者への分配」のみで決まる「物価の変動を除いた賃金」になるわけで、

生産性を上げる=工場に機械入れたり、オフィスにコピー機もっと入れたりと作業時間を削減する機材の投入
飲食なら
生産性を上げる=お客さんがたくさん入ってそれに対応できるだけの設備・人員の投入

こういったことをやっていくしかないのですが、今コロナで金ないし、まだまだ終わりが見えない状況で
何百万、何千万の機材投入する企業なんかないでしょ。
飲食にしてもみんな今は外出ないでしょ。
緊急事態宣言・自粛要請して、外出るなって要請したの政府自身ですよ。

そこに「従業員になるべく報いていく。こんなときこそ(賃金を)上げられるところは上げよう」とか
「菅首相は賃上げのモメンタム(勢い)を維持しろと言う」とか、何、寝言言ってるんですかって話です。

やることやらず、やりようがない企業に何ら手助けもせず、もっと人件費を増やせ、できないなら潰れろって
これが今の日本政府、菅政権がやろうとしていることなので、中小の社長さん方は
「ふざけんな」と、いい加減声を上げた方がいいですよ。
これまでさんざん政府に税金納めて日本の発展に報いてきた人たちに、
よくこんなむごいことできるなとホント思います。

賃上げは大歓迎、ただしそれには政府の財政サポートが必ずセットが条件です。
でないと中小は今後バタバタ倒れ、そこに雇われている「そうだ給料上げろ!」と
同調していた皆さんは失職、再就職先では今よりさらに給料が下がるという罠が
この「労働者の賃金あげよう」政策に隠されいることを知っておいてください。

中小社長は政府に保証を訴える、労働者側も政治を監視し支援なしの賃上げ政策やってたら
ちゃんと政府は金出せと声を上げることが大事。
罠にひっかからない、自分の生活がかかった話です ( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


勘違いしないで欲しいのですが、自分は自民党が憎いわけでも、菅さんが嫌いなわけでもなく
ダメなものはダメと言ってるだけです。最初の「開設のお知らせ」でそのスタンスには触れてます。
正しい政治をやってくれるなら、どの政党でも誰が首相でもいいですよ