1 :ニライカナイφ ★ 2018/10/27(土) 14:12:53.44 CAP_USER9.net
10月27日(土)9時現在、猛烈な勢力の台風26号(イートゥー)は、
フィリピンの東の海上を西進しています。
台風はグアム付近を通過後に若干勢力を落として「非常に強い」
勢力となっていましたが、再び発達して「猛烈な」勢力となりました。
台風の強さとしては最も強い階級です。

▼台風26号 10月27日(土)9時
 存在地域   フィリピンの東
 大きさ階級  //
 強さ階級   猛烈な
 移動     西 25 km/h
 中心気圧   915 hPa
 最大風速   55 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 75 m/s

■海水温の高い海域で再発達

海面水温分布をみると、日本列島周辺では夏場と比べて
水温は低下しているものの、台風の存在する北緯20度以南では、
夏場と同等かそれ以上に高い水温となっています。
台風はこの海水温の高い地域でエネルギーを得ることで発達しています。

台風の強さは最大風速によって決められ、54m/s(105ノット)以上で
「猛烈な」勢力はと呼ばれます。
台風の最大風速は、10分間平均風速の最大値です。

■週末から沖縄ではうねりに注意を
台風は猛烈な勢力を維持したまま西進を続け、明日28日(日)には
沖縄本島の南方沖へ達する見込みです。
台風の中心からは離れているものの、沖縄ではうねりを伴った高波に注意が必要です。
海岸には近づかないようにしてください。

その後台風は、30日(火)にかけて猛烈な勢力を維持したまま
フィリピンへ接近する予想です。
先月、台風22号により大きな被害が出たルソン島北部では、
再び大荒れの天気となるおそれがあります。

複数の気象シミュレーションモデルを比較すると、
フィリピン付近からは南シナ海へ抜ける可能性が高くなっていますが、
進行方向を北寄りに変える可能性もあります。
また、進行速度を落とす予想ですので、沖縄への波の影響は
長く続いてしまう可能性があります。

■台風の名前
台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した
名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。
台風26号のイートゥー(Yutu / 玉兎)は、中国が提案した名称で、
民話に登場する月のうさぎのことです。






http://weathernews.jp/s/topics/201810/270035/
4 :名無しさん@1周年 2018/10/27(土) 14:14:51.64 doYDPmWq0.net
フィリピンはまたやられるな
6 :名無しさん@1周年 2018/10/27(土) 14:16:44.29 jxsSmon60.net
さっき札幌市内で大雨降って台風きたかと思ったわ
雨って怖いな
台風直撃してる地域の人あんなの対応してるなんてすごいわ
11 :名無しさん@1周年 2018/10/27(土) 14:19:14.34 3vzp43Ks0.net
今のところ日本にきそうにはないけど、くの字で進路を変えるんだろうか
18 :名無しさん@1周年 2018/10/27(土) 14:24:51.62 ayFyMrFm0.net
フィリピン通って香港かな。
24 :名無しさん@1周年 2018/10/27(土) 14:27:29.41 7vQPbFil0.net
いらない台風や
29 :名無しさん@1周年 2018/10/27(土) 14:37:35.45 9SM5OLqT0.net
俺の周りで農業始めたやつらことごとく借金まみれでかける言葉ないっす
31 :名無しさん@1周年 2018/10/27(土) 14:39:51.60 Xt+6pfg50.net
できたばかりの中国の橋は大丈夫かなー
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1540617173

また来るんですか
今年多いですねぇ ( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯